今、集団的自衛権がいかにも悪いかのような報道がされています。集団的自衛権を認めると、すぐにでも日本が戦争にまきこまれるかのように言っています。このような意見の人たちも個別的自衛権は認めると言っていますが、悲惨な戦争の 代名詞である太平洋戦争って集団的自衛権の行使だったんですかね?日本が日本を守るために、日本から宣戦布告したはずです。

また、悪の代名詞のように言われてる、ナチスドイツも集団的自衛権で戦争してません。 

戦争というものは、そんな単純な理由で起こらないし、また防ぐこともできないのです。いくら日本が9条、9条と主張したところで、日本人以外は誰も知りませんよw 海外では、自衛隊を軍隊とみなしているし、自衛隊などという言葉は存在しません。自衛隊=軍隊です。仮に自衛隊は軍隊でないとゆうことになると、ジュネーブ条約は適用されなくなり、自衛官はテロリストや民兵と見なされます。つまり捕虜となった場合、処刑されてもよいということになるのです。

集団的自衛権が憲法違反だというなら、自衛隊(事実上の日本軍)も憲法違反でしょう。

悲惨な大戦を2度も体験した欧米の国々は、第二次大戦後、NATO(北大西洋条約機構という名の軍事同盟)を作りました。つまり戦争をしないために、協力して自分たちの国々を守る道(つまり集団的自衛権の行使)をとったのです。 

※余談ですが、自衛隊はもちろんNATOに入ってませんが、NATO弾(NATO軍共通の弾薬規格)を採用しています。

つまり、集団的自衛権とは、戦争を抑止するための必要不可欠のものです。ですから日本以外の全世界の国々が認めています。というかあまりにも当たり前の権利なので、どこの国の憲法にも書いていないと思います。 

日本の常識、世界の非常識!