ドイツの自動車大会社フォルクスワーゲン(VW)が、アメリカの排ガス基準をクリアするために不正を行っていました。

簡単に言うと、
故意に、エンジン制御用の不正ソフトトウエアを使い、排ガス試験の時だけ、排ガス低減装置が働き、試験をクリアするようにして、通常走行時には、排ガス低減装置を無効化して、排出ガス基準の40倍のNOxを排出していたそうです。

これにより、アメリカでは、2兆円にものぼる制裁金を課すことにしており、またVWもこれを認め、すでにCEOは辞任、株価は3分の1までさがりドイツ経済をゆるがす事態になっています。日本でいったら、トヨタがつぶれるかもとなったらそのすごさがわかると思います。また同じエンジンを積んだ車が全世界で、1100万台も販売されており、今後莫大な費用がかかるらしいです。

さて、この件は、主に経済問題として扱われて日本でこの車(ディーゼルエンジン車)が販売されてないこともあり、あまり大きな話題となっていません。

しかし、排気ガス問題は、地球温暖化以前から、環境汚染の世界的な問題であり、日本でも何度も基準が見直され、ハイブリットカーをはじめとする環境にやさしい車が開発された原因です。日本では、トヨタを代表として、ハイブリットカーや電気自動車、最近では燃料電池車などを開発、実用化しましたが、ヨーロッパでは、ハイブリットカーは、その開発コスト、高速道での燃費や車の単価等の問題で敬遠され、排ガスを軽減したディーゼル車(クリーンディーゼル)を推進してきました。

ドイツは環境先進国をうたい、世界をリードしてきたわけですが、その代表的は車メーカーVWの車、1100万台が、今も公害をまきちらしているという事実は、単にメーカーの売り上げとかの経済問題ではなく、世界に対しての大きなうらぎりだと思います。アメリカでは、購入者からの集団訴訟が始まるらしいですが、すでにまき散らしてしまった排ガスはどうやって回収するのでしょうか?VWは、地球を汚した責任をとるべきです。

余談ですが、フォルクスワーゲンの車(特にゴルフは世界の車のスタンダードなどとべたぼめ)をべたぼめしてきた自動車評論家たちに、感想を聞きたいもんです。排ガスまきちらして走れば、燃費もパワーもよくなるのは、当たり前です。それを両立させるのが一流自動車メーカーの技術であり、つとめでしょう。自動車売上世界1であったトヨタを来年追い越すといわれてたVWですが、その要因がインチキだったとは、なるほどです。こんな会社は、なくなったほうがいいです。